●スケール:1:18 ダイキャストカー

●メーカー:Kyosho 京商

●1998年、ヴィッカースが所有していたロールス・ロイス(Rolls-Royce Motors )を買収したBMWは、1998年新たな自動車会社ロールス・ロイス・モーター・カーズを設立、同社として初めての乗用車として開発され、2003年から発売されたモデルが「ファントム」である。

「ファントム」は、ロールス・ロイスの高級サルーンに使われて来た名称であり、このロールス・ロイス・モーターカーズによる「ファントム」にも、パルテノン神殿をモチーフとしたとも言われる大型のラジエーターグリルを始めとする特徴的なデザインが引き継がれた。

また、かつてのロールスロイス車にも見られたコーチドア(観音開き)が採用されている。車室内インテリアのメタル仕上げ部分には、従来の「サテン・クロム」と呼ばれるやや光沢の控えめなクロムに加えて、より透明感のある光沢に仕上げたブルー・クロムが用いられている。

ドロップヘッドは、特徴的なコンバーチブルとなっている。リアフードカバーはチーク材のデッキを使用。ボンネットはスチール製で機械で均一に仕上げた上に手作業で磨き上げられている。

画像は商品イメージです。


●スケール:1:18 ダイキャストカー

●メーカー:Kyosho 京商

●1998年、ヴィッカースが所有していたロールス・ロイス(Rolls-Royce Motors )を買収したBMWは、1998年新たな自動車会社ロールス・ロイス・モーター・カーズを設立、同社として初めての乗用車として開発され、2003年から発売されたモデルが「ファントム」である。

「ファントム」は、ロールス・ロイスの高級サルーンに使われて来た名称であり、このロールス・ロイス・モーターカーズによる「ファントム」にも、パルテノン神殿をモチーフとしたとも言われる大型のラジエーターグリルを始めとする特徴的なデザインが引き継がれた。

また、かつてのロールスロイス車にも見られたコーチドア(観音開き)が採用されている。車室内インテリアのメタル仕上げ部分には、従来の「サテン・クロム」と呼ばれるやや光沢の控えめなクロムに加えて、より透明感のある光沢に仕上げたブルー・クロムが用いられている。

ドロップヘッドは、特徴的なコンバーチブルとなっている。リアフードカバーはチーク材のデッキを使用。ボンネットはスチール製で機械で均一に仕上げた上に手作業で磨き上げられている。

画像は商品イメージです。

コメント欄について
いつもコメントありがとうございます。コメント欄はご自由に書き込んで頂いて結構ですが、不適切な書き込みがあった場合は管理人の判断で、コメントの削除をさせて頂く場合がございます。皆様が快適にご利用いただけるように、ご協力をお願い致します。

人気デザイナー 1:18 in Car Model Diecast Coupe Drophead Door 2 PHANTOM ROYCE ROLLS エンサイン・レッド2012 クーペ・コンバーティブル ドロップヘッド ファントム ロールスロイス 2012年モデル 1:18 京商 Scale Kyosho by-ミニカー・トイカー

人気デザイナー 1:18 in Car Model Diecast Coupe Drophead Door 2 PHANTOM ROYCE ROLLS エンサイン・レッド2012 クーペ・コンバーティブル ドロップヘッド ファントム ロールスロイス 2012年モデル 1:18 京商 Scale Kyosho by-ミニカー・トイカー

人気デザイナー 1:18 in Car Model Diecast Coupe Drophead Door 2 PHANTOM ROYCE ROLLS エンサイン・レッド2012 クーペ・コンバーティブル ドロップヘッド ファントム ロールスロイス 2012年モデル 1:18 京商 Scale Kyosho by-ミニカー・トイカー