新感覚、音のVR

従来の左右方向に加えて、上下、奥行きも含む全方位の音を集音する、アンビソニックス方式のVRマイクを搭載。最大120 dB SPLの耐音圧で、最高24-bit/96 kHzのハイレゾ録音が可能です。360°の音をまるごと捉えるアンビソニックス録音により、再生時に音像を回転させたり、楽器や人の声など聴きたい音源のある特定方向のサウンドをステレオで鳴らすなど、VRならではのインタラクティブなオーディオ体験を提供します。

空間音声を手軽に収録
VRコンテンツ用のオーディオ録音とプロセッシングをこれ1台で。アンビソニックマイクとレコーダー、デコーダーを内蔵し、空間音声(SPATIAL AUDIO)を手軽に収録。VR映像と合わせることで、頭の向きに応じて映像と音声が追従するヘッドトラッキング対応ビデオとして、またFacebookのVRライブ配信や、YouTubeの360°動画作成にも活用できます。

多彩なフォーマット
■アンビソニックス
左右(水平方向)、上下(仰角)、前後(奥行き)360°全方位の音を収録するアンビソニックス録音が可能。アンビソニックスBフォーマット(FuMa、Ambix)への変換も、パソコンを使用せず内蔵デコーダーで行えます。

■バイノーラル
ヘッドフォンでの再生を前提とした、バイノーラル方式の録音をサポート。人の耳に直接届く音だけでなく、頭や顔、身体に沿って回り込んでくる音を収録/再現します。

■2chステレオ
ヘッドフォンでの再生を前提としない、スピーカーで再生可能な通常のステレオ録音にも対応します。

■5.1chサラウンド
PC/Mac対応の無償ソフトウェア『ZOOM Ambisonics Player』を利用すれば、アンビソニックス方式で録音された音声ファイルを5.1chサラウンドファイルに変換できます。

■360°ライブストリーミング
360°ライブストリーミング配信にも対応し、インターネットを介したイベント中継が行えます。ライブ会場の特等席で得られる最良のサウンドを、世界中のファンにお届けすることができます。

360°まる録り
あらゆる方向からの音を、障害物に邪魔されることなくクリアに捉えることができる円錐形ボディを採用。軽量コンパクト設計のため、360°カメラの真下や真上に取り付けて、レコーダー本体が映像に写り込むのを回避することができます。

6軸モーションセンサ
アンビソニック録音時のマイクセッティングを、かつてないほどシンプルに。6軸モーションセンサを内蔵する『H3-VR』は、マイクの向きが上向きや下向き、前向きであっても、前後、左右、上下の位置関係を常に一定に保った状態で録音することが可能。さらに、電子水準器を内蔵し、ディスプレイに表示されるインジケーターで、水平方向に対するマイクの設置角度を確認することができます。

ゲームの臨場感をUP
ダンジョンのドアが勢いよく閉まる音、唸りを上げるモンスターの咆哮、吹きすさぶ風の音――。プレイヤーをゲームの世界に引き込む効果音を、『H3-VR』なら、まるでその場に立っているような没入感のあるサウンドで収録することができます。

モニター&プレイバック
入力音は、ステレオまたはバイノーラル音声でモニター可能。録音済みファイルはトラッキングモードで再生すれば、レコーダー本体の向きを変えるだけで、360°全方位のオーディオから聴きたい方向の音をステレオで取り出して再生できます。

360° USBマイク
ライブストリーミングやビデオ会議、DAWソフトへのレコーディングなど、『H3-VR』のオーディオ・インターフェース機能を使用すれば、パソコンと接続して360° USBマイクとして、iOSデバイスと接続してステレオマイクとしても利用できます。

iPhone/iPadでリモート操作
別売Bluetoothアダプター(BTA-1)を装着すれば、iOSアプリ『H3 Control』を使用して、少し離れた場所から本体を操作できます。本体操作のタッチノイズを気にせずに、トランスポートやレベル設定、メタデータの入力などを、iPhone/iPadからワイヤレスで行えます。

自由自在のポストプロダクション
PC/Mac対応の無償ソフトウェア『ZOOM Ambisonics Player』で、アンビソニックファイルから通常のステレオやバイノーラル、5.1chサラウンドなどに変換して再生することができます。また、特定位置の音をステレオで取り出してオーディオファイルに書き出すことも可能です。

【主な特長】
●4つのカプセルを持つ、アンビソニックス方式のVRマイク
●360°全方位のオーディオ録音が可能
●マイクゲインをダイヤル一つで調節可能
●アンビソニックAB変換デコーダー内蔵
●3種類の録音モード:アンビソニック、バイノーラル、ステレオ
●最高24ビット/96kHzで録音可能
●アンビソニック信号をバイノーラルでモニタリング可能
●ヘッドフォン端子とラインアウト端子を個別に装備
●ポストプロダクション作業などに便利なメタデータ入力に対応
●6軸モーションセンサによるマイクポジション自動検出機能(上向き、エンドファイア、下向き、エンドファイア反転)
●水平方向に対するマイクの設置角度を確認できる、電子水準器を内蔵
●iOSデバイスからワイヤレスコントロール(Bluetoothアダプター『BTA-1』が別途必要)
●本体内蔵デコーダーで、アンビソニック再生が可能
●0.5ppmの高精度な内部クロック
●カメラ側のオーディオ入力レベル調整がスムーズに行えるテストトーン機能
●録音開始/終了時にトーン信号をライン出力するサウンドマーカー機能
●リミッター、ローカットフィルター機能
●USBオーディオインターフェース機能
●PC/Mac用ソフトウェア『ZOOM Ambisonics Player』で、アンビソニック音声の再生、バイノーラル、ステレオ、5.1chサラウンドファイルへの変換が可能
●単3電池2本(アルカリ電池で約11.5時間駆動)またはUSB経由の給電に対応
●最大512GBのmicroSDカードを使用可能
●設定メニューの日本語表示に対応

【同梱品】
・ハンディレコーダー『H3-VR』
・ウィンドスクリーン
・デュアルマウントアダプター(DMH-3)
・単3アルカリ電池×2本
・クイックガイド

【SPECS】
記録メディア
・microSD/microSDHC/microSDXC 規格対応カード(Class 4 以上)

記録フォーマット
Ambisonics A フォーマット、B フォーマット (FuMa / AmbiX)
WAV 4ch ポリ(BWF およびiXML 対応):
・44.1 kHz/16-bit、44.1 kHz/24-bit、48 kHz/16-bit、48 kHz/24-bit、96 kHz/16-bit、96 kHz/24-bit
ステレオ
WAV ステレオ(BWF およびiXML 対応):
・44.1 kHz/16-bit、44.1 kHz/24-bit、48 kHz/16-bit、48 kHz/24-bit、96 kHz/16-bit、96 kHz/24-bit
バイノーラル
WAV ステレオ(BWF およびiXML 対応):
・44.1 kHz/16-bit、44.1 kHz/24-bit、48 kHz/16-bit、48 kHz/24-bit

ディスプレイ
・1.25" モノクロLCD(96 × 64)

位置センサ
・6軸(3軸ジャイロセンサ、3軸加速度センサ)

内蔵Ambisonicマイク
・マッチング済み単一指向性コンデンサマイク× 4
・M最大入力音圧:120 dB SPL
・マイクゲイン:+18 ~ +48 dB

LINE OUT
・コネクタ:3.5 mm ステレオミニ
・最大出力レベル:-10 dBu(1 kHz, 10 k Ω負荷)

PHONE OUT
・コネクタ:3.5 mm ステレオミニ
・最大出力レベル:20 mW+20 mW(32 Ω負荷時)

USB
コネクタ: microUSB
マスストレージクラス動作
・USB 2.0 High Speed
オーディオインターフェース動作 :
・2in 2out ( 入力: ステレオ/ バイノーラル)、USB2.0 Full Speed
・44.1 kHz/16-bit、48 kHz/16-bit
・4in 2out ( 入力: Ambisonics A, FuMa, AmbiX)、USB2.0 High Speed
・44.1 kHz/24-bit、48 kHz/24-bit

電源
・単三電池× 2(アルカリ乾電池、ニッケル水素蓄電池、リチウム乾電池)
・AC アダプター(ZOOM AD-17):DC 5V/1A ※ USB バスパワー対応

連続録音中の電池持続時間の目安
48 kHz/24-bit、録音モード:FuMa
・アルカリ乾電池 :約 11.5 時間
・ニッケル水素蓄電池(1900 mAh): 約 11.5 時間
・リチウム乾電池 :約24 時間
※ 14500 型 リチウム充電池(3.7 V)は使用できません。本体が破損します。
※ 上記の値はあくまで目安です。
※ 電池持続時間は当社試験法によるものです。使用条件により大きく変わります。

外形寸法 : 76 mm(W)× 78 mm(D)× 123 mm(H)
質量(本体のみ) : 120 g


UD20181018







新感覚、音のVR

従来の左右方向に加えて、上下、奥行きも含む全方位の音を集音する、アンビソニックス方式のVRマイクを搭載。最大120 dB SPLの耐音圧で、最高24-bit/96 kHzのハイレゾ録音が可能です。360°の音をまるごと捉えるアンビソニックス録音により、再生時に音像を回転させたり、楽器や人の声など聴きたい音源のある特定方向のサウンドをステレオで鳴らすなど、VRならではのインタラクティブなオーディオ体験を提供します。

空間音声を手軽に収録
VRコンテンツ用のオーディオ録音とプロセッシングをこれ1台で。アンビソニックマイクとレコーダー、デコーダーを内蔵し、空間音声(SPATIAL AUDIO)を手軽に収録。VR映像と合わせることで、頭の向きに応じて映像と音声が追従するヘッドトラッキング対応ビデオとして、またFacebookのVRライブ配信や、YouTubeの360°動画作成にも活用できます。

多彩なフォーマット
■アンビソニックス
左右(水平方向)、上下(仰角)、前後(奥行き)360°全方位の音を収録するアンビソニックス録音が可能。アンビソニックスBフォーマット(FuMa、Ambix)への変換も、パソコンを使用せず内蔵デコーダーで行えます。

■バイノーラル
ヘッドフォンでの再生を前提とした、バイノーラル方式の録音をサポート。人の耳に直接届く音だけでなく、頭や顔、身体に沿って回り込んでくる音を収録/再現します。

■2chステレオ
ヘッドフォンでの再生を前提としない、スピーカーで再生可能な通常のステレオ録音にも対応します。

■5.1chサラウンド
PC/Mac対応の無償ソフトウェア『ZOOM Ambisonics Player』を利用すれば、アンビソニックス方式で録音された音声ファイルを5.1chサラウンドファイルに変換できます。

■360°ライブストリーミング
360°ライブストリーミング配信にも対応し、インターネットを介したイベント中継が行えます。ライブ会場の特等席で得られる最良のサウンドを、世界中のファンにお届けすることができます。

360°まる録り
あらゆる方向からの音を、障害物に邪魔されることなくクリアに捉えることができる円錐形ボディを採用。軽量コンパクト設計のため、360°カメラの真下や真上に取り付けて、レコーダー本体が映像に写り込むのを回避することができます。

6軸モーションセンサ
アンビソニック録音時のマイクセッティングを、かつてないほどシンプルに。6軸モーションセンサを内蔵する『H3-VR』は、マイクの向きが上向きや下向き、前向きであっても、前後、左右、上下の位置関係を常に一定に保った状態で録音することが可能。さらに、電子水準器を内蔵し、ディスプレイに表示されるインジケーターで、水平方向に対するマイクの設置角度を確認することができます。

ゲームの臨場感をUP
ダンジョンのドアが勢いよく閉まる音、唸りを上げるモンスターの咆哮、吹きすさぶ風の音――。プレイヤーをゲームの世界に引き込む効果音を、『H3-VR』なら、まるでその場に立っているような没入感のあるサウンドで収録することができます。

モニター&プレイバック
入力音は、ステレオまたはバイノーラル音声でモニター可能。録音済みファイルはトラッキングモードで再生すれば、レコーダー本体の向きを変えるだけで、360°全方位のオーディオから聴きたい方向の音をステレオで取り出して再生できます。

360° USBマイク
ライブストリーミングやビデオ会議、DAWソフトへのレコーディングなど、『H3-VR』のオーディオ・インターフェース機能を使用すれば、パソコンと接続して360° USBマイクとして、iOSデバイスと接続してステレオマイクとしても利用できます。

iPhone/iPadでリモート操作
別売Bluetoothアダプター(BTA-1)を装着すれば、iOSアプリ『H3 Control』を使用して、少し離れた場所から本体を操作できます。本体操作のタッチノイズを気にせずに、トランスポートやレベル設定、メタデータの入力などを、iPhone/iPadからワイヤレスで行えます。

自由自在のポストプロダクション
PC/Mac対応の無償ソフトウェア『ZOOM Ambisonics Player』で、アンビソニックファイルから通常のステレオやバイノーラル、5.1chサラウンドなどに変換して再生することができます。また、特定位置の音をステレオで取り出してオーディオファイルに書き出すことも可能です。

【主な特長】
●4つのカプセルを持つ、アンビソニックス方式のVRマイク
●360°全方位のオーディオ録音が可能
●マイクゲインをダイヤル一つで調節可能
●アンビソニックAB変換デコーダー内蔵
●3種類の録音モード:アンビソニック、バイノーラル、ステレオ
●最高24ビット/96kHzで録音可能
●アンビソニック信号をバイノーラルでモニタリング可能
●ヘッドフォン端子とラインアウト端子を個別に装備
●ポストプロダクション作業などに便利なメタデータ入力に対応
●6軸モーションセンサによるマイクポジション自動検出機能(上向き、エンドファイア、下向き、エンドファイア反転)
●水平方向に対するマイクの設置角度を確認できる、電子水準器を内蔵
●iOSデバイスからワイヤレスコントロール(Bluetoothアダプター『BTA-1』が別途必要)
●本体内蔵デコーダーで、アンビソニック再生が可能
●0.5ppmの高精度な内部クロック
●カメラ側のオーディオ入力レベル調整がスムーズに行えるテストトーン機能
●録音開始/終了時にトーン信号をライン出力するサウンドマーカー機能
●リミッター、ローカットフィルター機能
●USBオーディオインターフェース機能
●PC/Mac用ソフトウェア『ZOOM Ambisonics Player』で、アンビソニック音声の再生、バイノーラル、ステレオ、5.1chサラウンドファイルへの変換が可能
●単3電池2本(アルカリ電池で約11.5時間駆動)またはUSB経由の給電に対応
●最大512GBのmicroSDカードを使用可能
●設定メニューの日本語表示に対応

【同梱品】
・ハンディレコーダー『H3-VR』
・ウィンドスクリーン
・デュアルマウントアダプター(DMH-3)
・単3アルカリ電池×2本
・クイックガイド

【SPECS】
記録メディア
・microSD/microSDHC/microSDXC 規格対応カード(Class 4 以上)

記録フォーマット
Ambisonics A フォーマット、B フォーマット (FuMa / AmbiX)
WAV 4ch ポリ(BWF およびiXML 対応):
・44.1 kHz/16-bit、44.1 kHz/24-bit、48 kHz/16-bit、48 kHz/24-bit、96 kHz/16-bit、96 kHz/24-bit
ステレオ
WAV ステレオ(BWF およびiXML 対応):
・44.1 kHz/16-bit、44.1 kHz/24-bit、48 kHz/16-bit、48 kHz/24-bit、96 kHz/16-bit、96 kHz/24-bit
バイノーラル
WAV ステレオ(BWF およびiXML 対応):
・44.1 kHz/16-bit、44.1 kHz/24-bit、48 kHz/16-bit、48 kHz/24-bit

ディスプレイ
・1.25" モノクロLCD(96 × 64)

位置センサ
・6軸(3軸ジャイロセンサ、3軸加速度センサ)

内蔵Ambisonicマイク
・マッチング済み単一指向性コンデンサマイク× 4
・M最大入力音圧:120 dB SPL
・マイクゲイン:+18 ~ +48 dB

LINE OUT
・コネクタ:3.5 mm ステレオミニ
・最大出力レベル:-10 dBu(1 kHz, 10 k Ω負荷)

PHONE OUT
・コネクタ:3.5 mm ステレオミニ
・最大出力レベル:20 mW+20 mW(32 Ω負荷時)

USB
コネクタ: microUSB
マスストレージクラス動作
・USB 2.0 High Speed
オーディオインターフェース動作 :
・2in 2out ( 入力: ステレオ/ バイノーラル)、USB2.0 Full Speed
・44.1 kHz/16-bit、48 kHz/16-bit
・4in 2out ( 入力: Ambisonics A, FuMa, AmbiX)、USB2.0 High Speed
・44.1 kHz/24-bit、48 kHz/24-bit

電源
・単三電池× 2(アルカリ乾電池、ニッケル水素蓄電池、リチウム乾電池)
・AC アダプター(ZOOM AD-17):DC 5V/1A ※ USB バスパワー対応

連続録音中の電池持続時間の目安
48 kHz/24-bit、録音モード:FuMa
・アルカリ乾電池 :約 11.5 時間
・ニッケル水素蓄電池(1900 mAh): 約 11.5 時間
・リチウム乾電池 :約24 時間
※ 14500 型 リチウム充電池(3.7 V)は使用できません。本体が破損します。
※ 上記の値はあくまで目安です。
※ 電池持続時間は当社試験法によるものです。使用条件により大きく変わります。

外形寸法 : 76 mm(W)× 78 mm(D)× 123 mm(H)
質量(本体のみ) : 120 g


UD20181018

コメント欄について
いつもコメントありがとうございます。コメント欄はご自由に書き込んで頂いて結構ですが、不適切な書き込みがあった場合は管理人の判断で、コメントの削除をさせて頂く場合がございます。皆様が快適にご利用いただけるように、ご協力をお願い致します。

2020年最新入荷 VRオーディオレコーダー【お取り寄せ商品】《予約注文/10月下旬発売予定》【御茶ノ水本店】 H3-VR / ズーム ZOOM-メモリーMTR

2020年最新入荷 VRオーディオレコーダー【お取り寄せ商品】《予約注文/10月下旬発売予定》【御茶ノ水本店】 H3-VR / ズーム ZOOM-メモリーMTR

2020年最新入荷 VRオーディオレコーダー【お取り寄せ商品】《予約注文/10月下旬発売予定》【御茶ノ水本店】 H3-VR / ズーム ZOOM-メモリーMTR